当ブログ使用テーマ「SWELL」-公式はこちら-

【体験談】こんなシステムはイヤだ!使いにくいシステムたち

こんにちは、ちなです。

世の中には「ほんとにテストしたの?」っていう、非常に使いにくいシステムが出回っていることがあります。
「要件定義の時点で間違ってるよね?」っていう根本的に間違っているシステムもありますが、今回は「テストで気付けたよね?」というシステムをご紹介します。

目次

うっかり「戻る」ボタンを押すと、労力が水の泡になるシステム

データ入力の派遣の時に遭遇したシステムです。
この図は簡易的ですが、実際は入力項目がたくさんある画面です。

そもそも「戻る」の位置がイケてない

「戻る」って、だいたい左下あたりにありませんか?
間違えないように「登録」とは左右逆の位置に置いてある印象です。

このシステム、ある程度入力した後、途中の右側にあって、うっかり押しちゃうんですよ。

確認ダイアログが表示されない

入力画面の場合、「戻る」を押すと「入力内容を破棄してよいですか?」といった、確認ダイアログが出るのが普通です。

このシステム、入力項目が非常に多いのに、問答無用で戻ってしまうのです。
ですので、入力者が「戻る」を押さないように気を付けなければならないんですよね。

あまりに非効率なので、改修すべきだと思うのですが、大人の事情があるのかな、と思います。
あちこちで「あー」っていう悲しい声が聞こえていた、そんな思い出のシステムです。

うっかり「終了」を押すと…ダイアログが出るが「はい」しか選べないシステム

先ほどと内容は似ています。
このシステムは私がSEをしていた時に見たものです。
新しく作り直すことになったということで、旧バージョンを動かしてみて驚きました。

とにかく、「はい」以外の選択肢は与えられない

どうして…なんのためのダイアログなのでしょう…。
誤って「終了」を押してしまったとしたら、「はい」を押したくないでしょうね…。

初めて見たときは非常に困惑しました。
当然、新システムにする際は、改善しています。

検索条件に何も入れないで検索すると、フリーズするシステム

このケース、ありがちなんですよね。試験項目に必須な内容です。

全件取得してしまうので、件数が多すぎる時に、処理に時間がかかりすぎるのです。
回避するために、たいていは「何か検索条件を入れてください。」とエラーにするか、もしくは上限を決めていて「先頭から3,000件まで取得する」といった方法が取られています。

フリーズで困る状況とは

私は、契約者から電話がかかってくるような仕事で遭遇しました。
契約者からの問い合わせで、本人確認の上、必要であればその場でシステムを検索し、契約内容を照会する必要がありました。

その際に、うかつに検索ボタンを押すと、使えなくなるんですよね。
システムログインから遷移が必要なので、非常に困りました。

システムを使う側を経験して感じたこと

実際に使われているシステムは、何かしらバグっていることに驚きました。
それを、ユーザー側がなんとか回避しながら使っているんですね。

気を使いながらシステムを使う、そんな状況にできるだけさせたくないですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元SEの主婦です。現在はフリーランスでテストエンジニアとして働いています。ヘルシオ大好き!「ひよっこフリーランスの青色申告」「ヘルシオのこと」「賃貸ライフ」など、日々体験したことを発信しています。

目次
閉じる