当ブログ使用テーマ「SWELL」-公式はこちら-

freeeと弥生会計を比較!どっちを選ぶ?【2020年度】

会計ソフトを導入したいけど「やよいの青色申告オンライン」と「クラウド会計freee」はどっちが良いのか?

そう悩んでいる個人事業主の方も多いと思います。

両方の会計ソフトを実際に試して比較してみたいと思います。

目次

値段の比較

「やよいの青色申告オンライン」と「クラウド会計freee」の年額の値段です。

どちらも税抜きの価格です。

プラン1プラン2プラン3
やよいセルフ
(初年度)
無料

(翌年以降)
8,000円
ベーシック
(初年度)
6,000円 

(翌年以降)
12,000円 
トータル
(初年度)
10,000円

(翌年以降)
20,000円
freeeスターター
11,760円
スタンダード
23,760円
プレミアム
39,800円
ちなのアイコン画像ちな

「やよいの青色申告オンライン」の方が値段は安いです。

ホーム画面の比較

「やよいの青色申告オンライン」と「クラウド会計freee」のホーム画面の比較です。

やよいの青色申告オンラインの画面です。左側にメニューがあります。

freeeの画面です。上側にメニューがあります。

ちなのアイコン画像ちな

ホーム画面については、どちらも使いやすいと思います。

取引の入力画面

やよいの青色申告オンラインの画面はこちらです。縦一列に項目が並んでいます。

勘定科目のプルダウンを押したときの画面です。

freeeの入力画面はこちらです。横並びで項目が並んでいます。

勘定科目にマウスカーソルを当てるとプルダウンが出てきます。

ちなのアイコン画像ちな

入力画面については、どちらも入力しやすいと思います。

スマホアプリ

「やよいの青色申告オンライン」にも、「freee」にもスマホアプリが存在します。

やよいの青色申告オンラインは2種類のスマホアプリがあります。

「弥生 申告」アプリ、「弥生 レシート取込」アプリです。

「freee」のスマホアプリは1種類です

どちらもアプリから収支の入力をすることができますが、「freee」の方がアプリでできることが多いです。

①アプリからの「レシート取込」について

レシート取込に関しては、freeeの方が使いやすいです。

やよいの青色申告オンラインは、レシートを登録しても、そのまま取引には反映されません。

あとでパソコン側で、取り込まれたレシートを見ながら、登録する必要があります。

その点、freeeの「レシート撮影」は、レシート登録がそのまま支出として反映されます。

ねこのアイコン画像ねこ

レシート取込機能は、freeeとやよいでは考え方が違うんだね。

ちなのアイコン画像ちな

やよいはレシートを、証拠やメモのように保管するのに使うんだ。
画像から読み取れた部分は文字として保管してくれるよ。
後からパソコンでまとめて登録するのに便利なんだね。

ねこのアイコン画像ねこ

freeeの方は、スマホから入力するときの補助として使うんだね。
写真の画像から、日付や費目を自動的に取得して、スマホからの登録を楽にしてくれるよ。

複数人での事業のための経理には、「やよいの青色申告オンライン」が便利です。

経理以外の人が、写真を撮ってアップロードすることで、あとで経理の人の入力が楽になります。

個人事業主の場合は、「freee」の方が便利だと思います。

「やよいの青色申告オンライン」だと、スマホで写真を撮っても、結局はパソコンでの処理が必要なので、個人事業主にとっては2度手間だからです。

②アプリからの「確定申告」について

「freee」のスマホアプリから確定申告の書類を作成することも可能です。

作成した確定申告書はPDFとして保存されるので、プリンターや、コンビニのネットプリントなどから印刷することができます。

確定申告を使うときはたいていパソコンを使用すると思うので、「スマホアプリからの確定申告」機能は、会計ソフト選択の判断材料にはなりにくいかと思います。

逆にいうと、確定申告時にパソコンが使用できないのなら、迷わずfreeeを選んでください。

サポート

サポートに関しては、やよいとfreeeでは大きく異なります。

違いを以下にまとめます。

やよいの青色申告オンライン

一番の特徴は、一番値段の安いセルフプラン」ではサポートは利用できないことです。

ベーシックプランとトータルプランで、電話・メール・チャットサポートが利用できます。

ベーシックプランのサポート内容は、操作の質問です。

トータルプランのサポート内容は、業務相談もOKです。

業務相談というのは、仕訳の方法や帳簿の管理方法など、一般的な経理業務に関する質問に答える、というものです。

ちなのアイコン画像ちな

もし仕訳で困ったら、トータルプランなら質問できるね。

freee

freeeでは、全てのプランでサポートが利用できます。

内容は「freeeの使い方から日々の会計・経理業務のお悩みまで」となっています。

スタータープランで、チャット・メールサポートが利用できます。

スタンダードプランで、チャット・メールサポートに加え、チャットサポート優先対応があります。

プレミアムプランでは、チャット・メール・電話サポートと税務調査サポート補償が利用できます。

「税務調査サポート保障」というのは、税務調査の対象になってしまった場合、無料で税理士を紹介し、税理士の立会い費用を補償するというものです。

ちなのアイコン画像ちな

もし仕訳で困っても、全プランで質問できるってこと!?

ねこのアイコン画像ねこ

サポートに関しては、freeeの方が手厚いように感じます。

まとめ

値段の安さで考えると、「やよいの青色申告オンライン」が安いです

1年間無料なので、試してみて合わないならやめることができます。この際に違約金などはありません。

スマホやタブレットしか持っていないのなら、スマホで確定申告まで可能な「freee」一択です。

自分一人では不安、サポートを受けたいという人は「freee」か、ベーシックプラン以上の「やよいの青色申告オンライン」です。
「やよいの青色申告オンライン」はセルフプランではサポートが受けられません。

どちらもお試しが可能なので、試してみて下さいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元SEの主婦です。現在はフリーランスでテストエンジニアとして働いています。ヘルシオ大好き!「ひよっこフリーランスの青色申告」「ヘルシオのこと」「賃貸ライフ」など、日々体験したことを発信しています。

目次
閉じる