当ブログ使用テーマ「SWELL」-公式はこちら-

アドセンス狩り対策「AdSense Invalid Click Protector」有効だけでは効果がないです!

アドセンス狩りの対策として「AdSense Invalid Click Protector」というプラグインがあります。

「アドセンス狩り対策といえば、これ!」というくらい、使っている方も多いのではないでしょうか。

このプラグインの使い方を説明しているサイトは、たくさん存在します。

しかし、説明を読んでみると、インストール後に有効にしただけで終わる場合と、何やらコードを記述して広告と組み合わせている場合の2パターンがあるんです。

ねこのアイコン画像ねこ

「AdSense Invalid Click Protector」って、入れただけではダメなの?

ねこのアイコン画像ねこ

そもそも「AdSense Invalid Click Protector」って、どんなプラグインなの?

本記事は、そういった疑問にお答えできる内容です。

「AdSense Invalid Click Protector」は何をしてくれるプラグインなのか、解説します。

こんな方に読んでほしい記事です
  • これからアドセンス狩り対策を行いたい方
  • 「AdSense Invalid Click Protector」を有効にしただけで終えてしまっている方
  • 「AdSense Invalid Click Protector」が正しく動作しているか不安な方
目次

AdSense Invalid Click Protectorとは

「AdSense Invalid Click Protector」とは、アドセンス広告をたくさんクリックしてくる相手に対し、広告を非表示とするためのプラグインです。

「AdSense Invalid Click Protector」の設定画面はこちらです。

この画像の設定では「5時間の間に5回クリックされたら、広告を7日間非表示にする」という設定になっています。

ねこのアイコン画像ねこ

これで安心だね。

ちなのアイコン画像ちな

ダメだよ!プラグインの説明を読んでみよう。

プラグインの説明には、以下のように書いてあります。

原文
GOOGLE翻訳
  • How to use this plugin with your site?
  • I know there are many WordPress plugin where you basically paste your AdSense code and it shows your ad at various position of your website. But unfortunately it is not humanly possible for me to check every single plugin of such out there or contact each plugin developer. Here I’m showing you how to incorporate the AdSense Invalid Click Protector (AICP) plugin with your website’s ad code, so that both other plugin developers and normal users who use custom codes to show up their ads can take advantage of this.
  • To use the AdSense Invalid Click Protector plugin with your ad code you basically have to do 2 simple things.
  • このプラグインをサイトで使用するにはどうすればよいですか?
  • 基本的にAdSenseコードを貼り付けて、ウェブサイトのさまざまな位置に広告を表示するWordPressプラグインがたくさんあることを私は知っています。 しかし残念ながら、私がそのようなプラグインのすべてをチェックしたり、各プラグイン開発者に連絡したりすることは人間的に不可能です。 ここでは、AdSenseのInvalid Click Protector(AICP)プラグインをウェブサイトの広告コードに組み込んで、他のプラグイン開発者とカスタムコードを使用して広告を表示する通常のユーザーの両方がこれを利用できるようにする方法を紹介します。
  • 広告コードでAdSense無効クリックプロテクタープラグインを使用するには、基本的に2つの簡単なことを行う必要があります。
ねこのアイコン画像ねこ

2つの簡単なことを行う必要があるんだね。

2つの簡単なこととは、こちらです。

原文
GOOGLE翻訳
  • Put a if( aicp_can_see_ads() ) { /* return your ad code here */ } block before returning your ad code to the front end
  • Wrap your ad code within a simple div tag like this…your ad code goes here…
  • if(aicp_can_see_ads()){/ ここに広告コードを返す /}ブロックを配置してから、広告コードをフロントエンドに返します
  • こののような単純なdivタグで広告コードをラップします…広告コードはここにあります…
ねこのアイコン画像ねこ

難しすぎて、よくわからないよ!

「2つの簡単なことを」を、もう少しわかりやすく記述すると、次の2つです。

  • 「aicp_can_see_ads」の結果がOKだったときだけ、広告を表示させる。
  • アドセンス広告のコードを<div>で囲う。

この2つを行うためには、「こんな風にfunction.phpに書くと良いよ」と、説明の中でコードの例を紹介してくれています。
※私の説明も付け加えて載せておきます。

ちなのアイコン画像ちな

ちょっと難しいよね…。
言い忘れたけど、私は元へっぽこSEなんだ。

「aicp_can_see_ads」が、プラグインで行われている処理です。

紹介されているコードでは、「aicp_can_see_ads」の結果しだいで、広告を表示したり非表示にしています。

「aicp_can_see_ads」の中身は見れないので、何を行っているかはわかりませんが、名前とコードの流れから「広告を見せてよいか判断している」のは間違いなさそうです。

ねこのアイコン画像ねこ

もっとわかるように説明してほしいな…。

ちなのアイコン画像ちな

OK!図にするよ!

プラグインでは、クリックされた数をカウントし、広告を表示をして良いかを判断するところまではできます。

「aicp_can_see_ads」からの返事を聞いて、実際にアドセンス広告を表示したり、非表示にするのは私たちが自分でやらないとダメなのです。

ちなのアイコン画像ちな

もしかしたら、広告を〈div〉で囲ってないと、カウントもされないかもしれないよ。

ねこのアイコン画像ねこ

とにかく、プラグインを有効にするだけではダメだということはわかったよ。

ちなのアイコン画像ちな

具体的な設定方法は、あとで記述しておくね!

プラグインを有効にしただけだと、どうなるのか?【実験】

試しに、アドセンス広告を2つ配置してみました。

1つは、今まで通り普通に配置した広告です。こちらは目次上に置きます。

もう1つは、プラグインと組み合わせるコードを書いて、配置した広告です。こちらは記事下に置きます。

ねこのアイコン画像ねこ

両方とも表示されているね

この状態で、「AdSense Invalid Click Protector」の設定を、日本の場合は非表示としてみます。

「AdSense Invalid Click Protector」は、クリック回数などの他に、国による制限も行えるのです。

ねこのアイコン画像ねこ

記事下の方だけ、広告が表示されなくなったよ!

ちゃんと組み合わせた方の広告は非表示になりましたが、何もしていない方は表示されたままです。

「AdSense Invalid Click Protector」のプラグインを有効にしただけだと、広告を表示させたくない相手にも、表示されてしまいます。

これでは意味がないですよね。

「AdSense Invalid Click Protector」がきちんと作動しているか心配な方は、設定をこのようにしてブログを見てみるとわかりますよ。

ちなのアイコン画像ちな

試した後は、忘れずに元に戻してね!

スマホからは効果なし!?

「AdSense Invalid Click Protector」の説明に、このような文章があります。

原文
GOOGLE翻訳
  • Important Note About Touch Screen Support: This plugin doesn’t work on mobile devices such as smartphones and tablets, because this hardware uses a touchscreen instead of a mouse as click input. This design makes the boundary monitoring trick ineffective.
  • タッチスクリーンのサポートに関する重要な注意事項:このプラグインは、クリック入力としてマウスではなくタッチスクリーンを使用するため、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでは機能しません。 この設計により、境界監視のトリックが無効になります。

私はこれを読んで衝撃を受けたのですが、スマホからのアドセンス狩りは防げない、という事ですよね。

ちなのアイコン画像ちな

初耳だよ!

アドセンス狩りしてくる人って、PCとスマホ、どっちが多いんでしょう。

ちょっとわかりませんが、「このプラグインは万能ではない」ということだけ理解しないといけませんね。

AdSense Invalid Click Protectorの使い方

インストールする

まずは「AdSense Invalid Click Protector」をインストールします。

wordpressのメニューから、「General Settings」を選択します。

数字は好きなように設定してください。

最初から数字が入っていますので、変えなくてもOKです。

「変更を保存」ボタンを押して、保存します。

アドセンスコードと組み合わせる

設定に関しては、こちらのブログを参考にさせていただきました。

AdSense Invalid Click Protectorの説明では「function.php」にコードを記載することになっていますが、怖いので「Code Snippets」というプラグインを使うことにします。

STEP
「Code Snippets」をインストール
STEP
「Code Snippets」でショートコードを作成
STEP
ショートコードを設置して広告を表示

「Code Snippets」をインストールする

WordPressのプラグインから、「Code Snippets」をインストールします。

インストールが終わったら「有効化」ボタンをクリックします。

「Code Snippets」でショートコードを作成

wordpressの左側のメニューに「Snippets」というメニューがあります。

その下の「Add New」を選択してください。

②の場所に「GoogleAdsense」など、適当なタイトルを入れます。

③の場所には、以下のコードをコピーして貼り付けます。

function ad01Func() {
if( aicp_can_see_ads() ) {
$adCode = ‘
<div class=”aicp”>
>>ここに広告ユニットを貼り付ける<<
</div>’;
return $adCode;
} else {
return ‘<div class=”error”>広告の表示がブロックされています。</div>’;
}
}
add_shortcode(‘ad01’, ‘ad01Func’);

次にGoogle Adsenseから、広告ユニットを取得します。

既に広告ユニットがある方

左のメニュー⇒ 広告⇒ 「広告ユニットごと」のタブを押す⇒ 「<>」コードを取得

※ディスプレイ広告でもOK

既存の広告ユニットがない方

左のメニュー⇒ 広告⇒ 「広告ユニットごと」のタブを押す⇒ 「記事内広告」

※ディスプレイ広告でもOK

「広告ユニット名」に好きな名前を入力し、「保存してコードを取得」を押します。

「コードをコピー」を押します。

既存、新規のどちらかでコードを取得できたら

「ここに広告ユニットを貼り付ける」の部分に広告ユニットを貼ります。

下の図のようになっていればOKです。

「Save Changes and Activate」ボタンをクリックして保存します。

【広告を複数作りたい場合】
広告コードを貼りかえて「ad01Func」「ad01」の部分の名前を変更してください。
※変更する箇所は3か所あります。

ちなのアイコン画像ちな

できたかな?
最後の行が「add_shortcode(‘ad01’, ‘ad01Func’);」なら
[ad01]がショートコードになるよ

ショートコードを設置して広告を表示する

記事内にショートコードを貼る方法

先ほどのショートコードを記事内に貼れば、広告が表示されます。

ちなのアイコン画像ちな

[ad01]みたいに、かっこで囲ってね。

ちなみにこの記事のページにも、目次の上の段落ブロックに、ショートコードを入れています。

ウィジェットにショートコードを貼る方法

WordPressの外観⇒ウィジェットに貼ることもできます。

カスタムHTMLを押して、好きな場所を選びます。

右側の選んだ場所の中に、カスタムHTMLが出来上がっているので、内容に[ad01]などを記述し保存します。

Cocoonは、広告コードに入れられるとのこと

Cocoonは、ショートコードに対応されていて、Cocoon設定⇒広告タブ⇒「広告コード」にショートコードを入れられるみたいです。

ちなのアイコン画像ちな

まだ自分で試せてないよ、ごめんよ。

関連する記事を貼っておきます。

SWELLの「広告コード」はショートコード未対応

SWELL設定の「広告コード」タブの目次広告にショートコードを入れたところ、そのままの文字が表示されてしまいました。

ショートコードは非対応のようです…。

まとめ

本記事で伝えたかったのは、「AdSense Invalid Click Protector」を有効にしただけでは、機能しないということです。

せっかくプラグインを入れたのに意味がない、そんな方が減ってほしくて記事を書きました。

プラグインは万全ではないので、クリックが不自然に多かったら通報しましょう。

そして何よりも、一人でもアドセンス狩りに遭う方が減りますように。

\ブロガーの方には、こちらもおすすめ/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元SEの主婦です。現在はフリーランスでテストエンジニアとして働いています。ヘルシオ大好き!「ひよっこフリーランスの青色申告」「ヘルシオのこと」「賃貸ライフ」など、日々体験したことを発信しています。

目次
閉じる