当ブログ使用テーマ「SWELL」-公式はこちら-

【個人事業主向け】確定申告のe-taxで、マイナンバーカードが無いとできないことは?

確定申告をe-taxで行いたいけど、マイナンバーカードを持っていない、そんな方も多いと思います。

私もマイナンバーカードを持っていませんでした。

そもそも、マイナンバーカード必要なのかわからなくて、かなり調べました。

結論を言うと、マイナンバーカードがなくてもe-taxで確定申告が行えます。

しかし、私は悩んだ結果、マイナンバーカードを急いで取得することにしました。

この記事では、マイナンバーカードが無いとできないことをまとめてみました。

この記事を書いた人

2020年に個人事業主となったばかりのひよっこフリーランスです。

確定申告は今回が初めてです。

e-Taxが全然わからなくて調べまくりました

初めての確定申告です。
こんな方に読んでほしい記事です
  • e-taxをマイナンバーカード無しで、行いたい人
  • マイナンバーカードを取得するか迷っている人
目次

なぜe-Taxで確定申告を行いたいのか

なぜe-taxにこだわるかというと、65万円控除の条件にe-taxの利用が加わったからです。

2019年度まで2020年度
青色申告控除65万円55万円
基礎控除38万円48万円

2020年度は、以下の要件を満たすと、青色申告控除が55万⇒65万円になります。

「55 万円の青色申告特別控除」の適用要件に加えて、
e-Tax による申告(電子申告)又は電子帳簿保存を行う

このうち、電子帳簿保存は、税務署に申請して承認を得ていなければなりません。要件が難しく、少しハードルが高いです。

e-Taxなら今からでも可能なので、可能ならぜひともe-Taxを利用したいです。

「ID・パスワード方式」と、「マイナンバー方式」がある

e-taxを利用するには、2つの方式があります。

  • ID・パスワード方式
  • マイナンバー方式

(画像引用元:国税庁e-Tax e-Tax利用の簡便化の概要について

「現行方式」というのは、平成30年12月までの方式です。

現在は、「マイナンバー方式」「ID・パスワード方式」のどちらかです。

この方式の違いは、システムへの認証方法の違いです。

「ID・パスワード方式」というのは、あらかじめ決められたIDとパスワードでログインする方式です。

マイナンバー方式は、マイナンバーカードをカードリーダーに差し込んでパソコンにつないで認証させる方式です。

マイナンバーカードを持っていない人は「ID・パスワード方式」の一択になります。

ID・パスワード方式では、会計ソフトからの連携ができない

会計ソフトによって異なりますが、有料の会計ソフトの場合、マイナンバー方式の場合は、ソフトで作った申告書のデータを簡単に送信できる場合が多いです。

ID・パスワード方式では、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」というシステムから、申告書を作成して送信しなければなりません。

例えば、「やよいの青色申告オンライン」の場合、以下の方法が使用できます。

独自送信用アプリe-Taxソフト(WEB版)確定申告書等作成コーナー
マイナンバー方式
Windowsは可
Macは不可
ID・パスワード方式××
やよいの青色申告オンラインの場合
独自の送信用アプリ会計ソフトから、直接送信可能な方法。
他のシステムを使わなくてよいので、手間がかからない。
e-Taxソフト(WEB版)国税庁のシステムの一つ。
会計ソフトからファイル(xtx形式)を出力し、そのファイルを使って申請する。
確定申告書等作成コーナー国税庁のシステムの一つ。
数値を入力していくと、確定申告書を作ることができる。
会計ソフトで申告書を作っている場合、できあがった申告書から金額を入力する必要がある。

独自送信用アプリとは

会計ソフトが独自で用意している送信用のシステムです。

やよいの青色申告オンラインの「確定申告e-Taxモジュール」、freeeの「電子申告アプリ」などがあります。

※マネーフォワードには、送信用の独自アプリはありませんが、以下の②のファイルが出力できます。

やよいの青色申告オンライン・freeeは、マイナンバー方式なら、直接確定申告ができる。

e-Taxソフト(WEB版)

こちらは、e-Taxソフト(WEB版)という、国税庁のシステムです。

会計ソフトから出力した確定申告ファイル(xtx形式)を送信することができます。

マイナンバーカード方式で利用が可能です。

試しに、やよいの青色申告オンラインから確定申告ファイルを出力し、マイナンバーカード無しで使ってみると、上の画像のようになりました。

マイナンバーカードが無いと、電子証明書が無いため、使えません。

(自分で電子証明書を用意していれば使えるのかも…)

マイナンバー方式なら、会計ソフトから確定申告ファイル(xtx形式)を出力して、e-Taxソフト(WEB版)で申告できる。

確定申告書等作成コーナー

「確定申告書作成等コーナー」は、数値を画面に入力していって、決算書や申告書を作成して送信するシステムです。

「ID・パスワード方式」「マイナンバーカード方式」、どちらでも利用できます。

we-Taxソフト(WEB版)とはログインする場所が違うので注意してください。作成コーナーはこちらです。

↓私は「確定申告書等作成コーナー」に行こうとして、「e-Taxソフト(WEB版)」にログインして混乱していました。

https://twitter.com/TinaTinapati/status/1355093417261338627?s=20

「ID・パスワード方式」の場合、e-taxでの申告は「確定申告書作成等コーナー」のみ。

それぞれの方式の事前に用意するもの

① マイナンバーカード方式

カードリーダーを用意します。

家電量販店などで2,000円~3,000円程度で購入できます。

② ID・パスワード方式

利用者識別番号とパスワードを用意します。

前に確定申告をしたことがある方は、すでに持っているはずです。

取得方法は、国税庁の ID・パスワード方式について に詳しく書かれています。

【手続方法➀】税務署に行って、ID・パスワード方式の届出を作成・送信する

【手続方法➁】WEBからID・パスワード方式の届出を作成・送信する

【手続方法②】には、マイナンバーカードとカードリーダーが必要です。

マイナンバーカードが無い人は【手続方法①】で取得する必要があります。

私は実際に税務署に行って、手続きを行ったのですが、免許証などの本人確認書類だけで取得できました。

確定申告書等作成コーナーを使う場合、どっちの方式が良いの?

確定申告ソフトからそのまま申告できる場合は、「マイナンバーカード方式」が楽ちんです。

そうではなく、「確定申告書等作成コーナー」を使って確定申告を行う場合は、どっちの方式が良いのでしょうか。

ID・パスワード方式」のメリット・デメリットを考えてみます。

メリット
  • カードリーダーを用意する必要がないので、お金がかからない
  • マイナンバーカード方式だと初期セットアップが必要だが、その必要はない(※1)
デメリット
  • 税務署に行ってIDをもらう必要がある
  • 方式が廃止される可能性がある(※2)

※1 マイナンバーカード方式を使うためには、事前準備セットアップを行う必要があります。

セットアップファイルをダウンロードして実行し、パソコンにインストールを行います。

※2 「ID・パスワード方式」は国税庁のHPに以下のように記載されています。

「マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応です。」

ですので、将来的には「ID・パスワード方式」が廃止される可能性があります。

「マイナンバーカード方式」はカードリーダーの費用がかかってしまうので、今年だけ確定申告を行うような方は、「ID・パスワード方式」が良いと思います。

ただし、「ID・パスワード方式」はいつ廃止になるかわかりません。毎年確定申告を行う方は「マイナンバーカード」方式が良いと思います。

まとめ

e-Taxを使って確定申告を行う方法は2つあります。

「ID・パスワード方式」「マイナンバーカード方式」です。

どちらの方式が良いか、目安となるのはこちらです。

私の個人的な話ですが、私はマイナンバーカードが無かったため、ID・パスワード方式で申告しようとしました。

「確定申告書等作成コーナー」にログインしてみて、めんどくさいなと感じ、

悩んだ結果、会計ソフトから連携させたいので、マイナンバーカードを取得することにしました。

マイナンバーカードを取得には、数週間~1か月程度かかるそうなので、取得したい方はお早めに!

フリーランスになりたてのひよっこが、はじめての確定申告を行っています

やよい会計なら、初年度無料でお試しできます。

こちらもチェック!

\現金でAmazonチャージすると、ポイントが貯まる/ ⇒アマゾンの公式ページはこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元SEの主婦です。現在はフリーランスでテストエンジニアとして働いています。ヘルシオ大好き!「ひよっこフリーランスの青色申告」「ヘルシオのこと」「賃貸ライフ」など、日々体験したことを発信しています。

目次
閉じる